私は昨年の夏に交換した車の6か月点検のためにディーラーに行きました。秋田の出会い
車はマツダのCX – 8、7人の乗客との大きなSUVです。
この機会に、私は半年かけて感じた印象を書きます。

いい視点ね
①美しさは3日で飽きると言っていますが、このスタイリングに飽きません。私は毎日それを見ています、しかし、私はそれを見るたびに恋に落ちます。
②乗り心地は、硬すぎず、柔らかすぎず、軽量ではなく、鈍くなくても、不快な衝撃から逃れるのは良いことですが、コーナーではバックステッチにならず、とにかく平らな乗り心地です。秋田の出会い
③動力性能は必要十分です、馬力は大したことではありませんが、強力なトルクで大体2トンほど引っ張ります。

 

秋田は行政主導の出会いから、ネットでの出会いまで様々

 

④通勤時の燃費は12〜13 kmで、渋滞する可能性があり、高速走行時には20 kmを超えています。また、軽油なので、このサイズの燃料としては、燃費が優れています。
⑤ブレーキホールド、追従走行制御、サイドワーニング、車線維持、360度監視など、さまざまなアシスト機能が不可欠ですが、問題はありませんが、疲労軽減の効果は大きいです。完璧なドラポジと座席の良さもまた、疲労の軽減につながります。

秋田の出会い不可能な点
①音楽プレーヤーの操作性が悪く、USBメモリーにたくさんの曲を入れていますが、聴きたい音楽が出るまでにはたくさんのステップがあります。秋田の出会い
②サイズがまだ大きいですね。幅はまだ長く、旋回半径は大きいので、前後方向の狭い駐車場は止まりにくいです。
③各種センサーの音が頻繁に鳴り、大音量です。秋田の出会い
④車のキャラクターには大丈夫だと思いますが、私の考えでは、ステアリングのギア比がもう少し早くても大丈夫ですか。